FC2ブログ
category未分類

腰と肘の二重苦

trackback--  comment0
道路側の崖の花壇はようやく一番下の段が出来た。その上の段は工事中だが、更にその上にもう一段作るのでまだ先は長い。

81114f.jpg

腱鞘炎はまだ治らないのでなるべく右手は使わないようにしているけれど、先日からぎっくり腰になってしまい、椅子から立ったり寝返りを打ったりすると痛みが走る。それでもそろそろと崖に這い上って石を積み上げているのだが、大体半年に1回はぎっくり腰になる。でも寝込むほどにはならなく、少しセーブしながら自然に治るのを待つことになる。

81114c.jpg

上は半年ほど前にとても安かったので注文した斑入りのアカンサスマヨール「タスマニア・エンジェル」が昨日届いたのだが、安いだけあって小さいね。

81114b.jpg

上は大きな苗を買って、夏には弱ったけれど新しい葉が出てきた「タスマニア・エンジェル」。一時は枯れてしまったかと思ったが元気に復活してくれたのでうれしい。来年は天使のような?ピンクの花が咲くか?

81114e.jpg

プランターに種を蒔いたヒナゲシやチドリソウ。本葉が出てきたのでそろそろ花壇に移し替えねば、、、と言うことで結構忙しい。
でも全部を植えるだけの花壇は無い。そうでなくてもオルラヤ(オルレア)が嫌と言うほどこぼれ種で出て来ている。

81114a.jpg

今日は城ヶ崎のカフェ・ブリッジのオーナー夫妻がイギリスのデヴォン州から来られたお客様を連れてきた。右端の奥様の和子さんはイギリスでランドスケープ・ガーデニングを学ばれた方で、イギリスにはカザンのような崖の庭は無いと言っていた。確かにデヴォン州はなだらかな丘が続く田園地帯だから崖は無いでしょう。またイギリスに行きたいな~~。 でも来年は伊豆と東京でのイベントが目白押しなので無理。

さあ、明日は新浦安だ。水彩教室が終わったらそのまま伊豆にトンボ帰り。往復の電車の中では12月7日に歌う「雨のブリュッセル」の歌詞を覚え、モーツァルトの「レクイエム」のテノールパートの譜読みをしよう。

時間が足りない「時欠症候群」と資金が足りない「金欠病」も合わせると四重苦?
category未分類

ヴィオラコンサート

trackback--  comment0
昨夜遅くに大阪から伊豆に戻り、今朝は良い天気だったので道路側の崖に少しだけ石を積んだ。

81111a.jpg

道路からはこんな感じ。

81111b.jpg

中央のオリヅルランが植わっているところは去年に作ったところだが、少し苔が生えていてだいぶ自然な感じになった。

81111c.jpg

管理がしやすいように足場も作った。

81111d.jpg

下はハクロニシキだが、すっかり葉を落としてしまった。

81111e.jpg

今日はこれから林間劇場で松実健太さんのヴィオラコンサートを主催する。近くの方駆けつけてください!

matsumi_izu.jpg
上の画像をクリックすると拡大します。
category未分類

道路側の崖

trackback--  comment0
室内楽コンサート、シャンソンの歌会、合唱の練習などが重なり、天気も今一つはっきりしないので庭は進んでいない。

81107a.jpg

それでも道路側の崖を少しずつ整備しているけれど、ここはとても急なので幅の狭い花壇しか出来ない。

81107b.jpg

しかしこうして石を積まないと雑草の管理が出来なく、花も咲かないので仕方ないだろう。

81107c.jpg

上の茶色のグラスは長い間青みがかったグリーンの美しい葉を見せてくれていたアンドロポゴン‘プレーリーブルース’ だが、枯れてもなおきれいだ。
category未分類

伊豆クラシックサロン

trackback--  comment0
カザンのライフワークは絵画、音楽、園芸なのだが11月2日にはカザンのプロデュースで「唐津健チェロコンサート」を行います。
とても素晴らしい演奏会になると思うのでお近くの方は是非聴きにいらしてください。

唐津健ポスター20
上の画像をクリックすると拡大します。
category未分類

岩の割れ目

trackback--  comment0
岩の割れ目に入っていた土や石を取り除くと深い空洞が見つかったりで実に興味深い。そして中から少し暖かい空気が流れ出て来る。地底深くまで空洞が続いているのかも知れない。

81031a.jpg

下の割れ目も深い空洞が続いている。

81031b.jpg

今年の夏の暑さでダメになったかと思った斑入りのアカンサスモリスの「タスマニア・エンジェル」の葉が出て来た。これから春にかけてどんどん大きくなることを期待している。
「タスマニア・エンジェル」の弟分の「ホワイト・ウォーター」も小さい葉ながらも生きている。

81031d.jpg

後から植えたメリアンサス・マヨールも元気で来年は花が咲くだろう。

81031c.jpg

メリアンサスの種を蒔いたがまだ発芽していない。
category未分類

植え込み

trackback--  comment0
最新のポケット花壇に土を入れジャーマンアイリスとかモモバキキョウなどを植え込んだ。

81030a.jpg

下の写真の溝になっているところは滝の水が流れるところ。

81030c.jpg

手前はだいぶ出来て、日陰になっている部分の中段を残すだけとなった。

81030b.jpg

ずっと下の滝の水を受けるところには土を入れて湿地を好む「十和田アシ」、別名「アケボノアシ」を植えた。

81030e.jpg

今はひょろひょろだが春になればきれいな斑入りの葉が出てくるだろう。

81030d.jpg

午後は節子ガーデンに行った。

81030k.jpg

カンナの大きな葉が印象的。

81030h.jpg

トウゴマ(銅葉ヒマ)もすごい!

81030f.jpg

下の葉の広いリュウゼツランと狭い葉のリュウゼツランを組み合わせると造形的に面白い。

81030g.jpg

多肉植物も魅力的。

81030j.jpg

クリナムかな?

81030l.jpg

秋の花も咲いていて節子ガーデンはカラフル。
category未分類

トリカブト

trackback--  comment0
このところ11月10日の「大阪ヴォーカルコンクール」や11月の3つの「伊豆クラシックサロン」のコンサート、更には来年の「伊豆アートシーズンズ」の準備で忙しく、庭があまり進んでいない。

今日の午前3時ごろはかなり強く雨が降ったが明け方には小降りになり、昼には晴れるようだ。

昨日は大室山のふもとのさくらの里で行われていた「森の露天市」に行ってきた。ここではつい先日もクラフト市が立ったが、通路に山野草を並べているところがあり、トリカブトの苗を見つけたので2株買った。「タンナトリカブト」か「雲南トリカブト」か売っている人もよく分からないようだったが、夏を越せるかな~と思いながらもつい買ってしまった。

81027a.jpg

薄暗い山中に育つそうだからここでは葉焼けして無理かもしれないが、ロックガーデンにはとても似合うのでトライしてみよう。根だけでなく全体の毒性があるようだから素手では触らないようにしよう。

81027b.jpg

石と土を取り除いたら下のような空洞が出て来た。空洞にはランプを入れ、ライトアップをする予定。

81027c.jpg

未明の雨で岩肌が濡れているので何だか迫力がある。

81027d.jpg

下の写真の中央を水が流れ、ミニカスケードとなる。

81027e.jpg

伊豆半島がジオパークに認定されたがここはさながらカザンのジオガーデンだね。

81027f.jpg

道路側も雑草がはびこっていた部分を整備して草花が植えられるようにしている。

81027g.jpg

今日の夜から東京に行き、ドミニクのシャンソンレッスンのアシストをする。
category未分類

崖の花壇の続き

trackback--  comment0
連日の庭仕事で右肘は腱鞘炎になっているので、今朝はセメントの作業や掘り起しは止めて、朝はオンファロデスの小さな苗を植え替え、ソラナムを北側の崖に植え込んだだけ。

今日の午後はひぐらし会館のホールでピアノを弾くのだが、ピアノを弾く分には腱鞘炎はそれ程影響しないけれど、砂とセメントを混ぜてモルタルを作る作業などには痛みを感じる。

81023a.jpg

下の写真の中央のポケット花壇はモルタルの作業が終わり、明後日には土を入れて植え込みが出来そう。

81023b.jpg

下の写真は道路側の崖に垂れ下がっているオカメズタの「キセキ」と言う品種だが、新しい葉は明るい色だが古い葉は暗い色になってしまう。

81023d.jpg

新しく作った崖の花壇は積んだ石があまり見え過ぎないようにしたい。斑入りのツルニチニチソウあたりが無難かなと思うが、斑入りのアメリカヅタなども植えてある。
category未分類

伊豆ラブリーガーデンズ

trackback--  comment0
今日は庭でガーデニングの愛好会の集いがあって、1時間半ほどガーデニングの話で盛り上がった。
新しい友達が出来てこれからの発展が楽しみ。

81022a.jpg

ここは家のすぐ南側だが、高いところを削って造成しているところ。中央にヒメシャラの木があって夏には木陰が出来きるので常設のバーべキューテーブルを作る予定。
category未分類

久しぶりの庭仕事

trackback--  comment0
4日ほど東京に行っていたので庭は進んでいない。昨日の夕方は激しい雷雨だったのが今日はいい天気。

土が濡れているのでヤグルマソウの苗の植え付けを下の写真の2段の花壇に植え込んだ。ついでにツツジなどを切ったのでだいぶすっきりした。

81021a.jpg

下の方から見るとこんな感じで、こちらはツタやエリゲロン、コンボルブルスなどでだいぶ岩が見えなくなってきている。中央の青味がかった葉はブルーブッシュと呼ばれるミモザの一種だがまだ来年は花が咲かないだろう。

81021b.jpg

先日の台風でアカシア・ディアネイが倒れて枯れてしまった。余りに早く大きくなりすぎる木だったので持て余していたので抜いてそこにミツバハマゴウを植えた。

今日は合唱の練習があるのだが忙しくて全然練習していない。23日にはピアノの発表会もあるし、12月7日にはシャンソンのライブもあるしで庭はあまり出来ないだろう。

明日22日の午後2時~ガーデニング愛好会「伊豆ラブリーガーデン」の例会をカザンの庭で開くので良かったら遊びに来てください。

category未分類

もうすぐ冬が・・・

trackback--  comment0
このところコンサートの準備などで忙しくて庭はあまり進んでいないけれど、崖の上段部分の土入れと植え込みは終わった。

81015a.jpg

少しアップするとこんな感じだが、まだ石ばかり目立って美しくない。

81015b.jpg

今は一段下の部分の花壇を作っているところで、中央から左へと展開している。

81015c.jpg

上はユーフォルビア・ミルシニテスだが、匍匐性の植物なので蛇のように張って岩の上で育っているけれどどのくらいに大きくなるのだろう?

81015d.jpg

ネグンドカエデも台風の後、急に枯れてきた。このところだいぶ寒くなってきたのでもうすぐ冬なんだなと思う今日この頃。

明日から土曜日の午後まで東京なので庭は進まない。
category未分類

ジェイ・ガーデン

trackback--  comment0
かねてから見てみたいと思っていた城が崎のJガーデンを訪れた。

パーキングは上の方にあるのだが道路沿いの下の方から入ってみることにした。

81012a.jpg

左側はカフェのようだが、閉まっていて見張りのためか黒ヒョウがいた。

81012b.jpg

鉄の階段を上るとテラスに出る。
大きな木の根のオブジェや不思議な形の建物が迎えてくれるが、その個性的な異次元空間に圧倒されてしまう。

81012c.jpg

赤い石の塔は一際目立ち、見たこともない赤い石は最初着色されたものかと思った。

81012d.jpg

しかしこれは海底火山が生み出したもので、鉄分が酸化してこの色になったようだ。それにしてもこの大きな岩を積み上げて塔を造り上げた石井さんはすごい人だ。

81012e.jpg

上の写真はカフェになったりバーベキューをしたリのテラスでもちろん手作り。

81012f.jpg

これはオーナーの石井良彦さんが作ったアイアンの椅子とテーブル。石井さんはアイアンアートの作家で、至るところに彼の作品が散りばめられている。

81012g.jpg

樹の形も何か不思議な感じがすると思ったら、石井さんは「空師」でもあるのだ。だから樹木もアートになる。全ての場所が創意と工夫に満ちて刺激的。

81012h.jpg

白壁にアイアンのアクセサリー。スペインのコルドバのパティオを思い出させる。

81012i.jpg

夕方に訪れたが、早朝か夕方の陽がよりミステリアスに見えるのではないかと思った。

81012j.jpg

ここは結婚式などの撮影に使われるコーナー。

81012k.jpg

塔の上にも登らせてもらった。これだけの石を敷き詰める労力と歳月には脱帽するしかない。

81012xss.jpg

この球体の物体は何?これは以前パソコンルームに使っていたとのこと。球体のタンクの表面に赤い石を貼り付けたのだが、別の惑星に来たみたい。

81012l.jpg

ここにはコテージがあり、宿泊が出来て天然温泉の風呂もある。

81012m.jpg

そして風呂の床には龍のモザイク。

81012n.jpg

温泉を利用した温室にはアラマンダが咲いていた。

他にもいろいろ魅力的な場所があり、とても一度の訪問では見切れないのでいずれ続きをアップしたい。

ジェイガーデン
category未分類

アフタヌーン・コンサート

trackback--  comment0
今日の午前中は南側の空き地の道路にはみ出していた木を切ったり、草を刈ったり、側溝の土をさらったりで汗だくになった。

81011as.jpg

そして午後は彫刻家の重岡建治さんのアトリエでのコンサートに出かけた。
ヴァイオリニスト、ピアニスト、コントラバシストの全員がチェコ人で、ドヴォルザークやリスト、パガニーニなどの小品を演奏したが、コントラバシストの日本語によるトークを交えた楽しいコンサートだった。
category未分類

息切れ

trackback--  comment0
ようやく新しい4つの花壇に土を入れ植物を植えた。下のパーキングからバケツに入れて運んだので息切れして疲れた。

黄色い葉はジャスミン「フィオナサンライズ」だがセールで3分の1の値段になっていたので買った。普通のハゴロモジャスミンに比べると成長が遅く、花もあまり咲かないが明るい葉の色が気に入っている。

奥に見える小さな花壇はまだモルタルで固めたばかりなので2日ほど経ってから土を入れ植え込むことにする。

81010a.jpg

下から見上げるとこんな感じで、すっかりヤマハギは無くなった。

81010b.jpg

だいぶ出来てきたけれど向かって左側の写真が見えない部分はもう一段手前に花壇を作らねばならない。
category未分類

ハンバーグを作りながら

trackback--  comment0
今日はこれから9月8日の本公演以来、初の伊豆ヴェルディ記念合唱団の練習がある。

その前にハンバーグを作りながらブログを書いているのだが、主夫の仕事もこなさなければならないのでなかなか忙しい。

81007a.jpg

このところ東京に行ったりで忙しくて崖の庭も進んでいない。

81007c.jpg

それでも左右から石を積み上げてきてほぼ近づいて来た。

81007b.jpg

下のパーキングから土を運べば植えられるのだが、体力がある時しかバケツで土を運べない。

たまねぎを炒める匂いが漂ってきたので簡単だけれどこれで終わり。

明日と明後日は東京。
category未分類

崖のポケット花壇

trackback--  comment0
台風で飛んでしまった棟板金の修理をしたが、内側に渡す木材の厚さがホームセンターには売っていなくて垂木の厚さを削らなくてはならないのが大変だった。また板金の幅も狭く、取り付け用の下の杉の野地板も位置を変えなくてはならず、思ったより時間を取られてしまった。
ブルーの板金しか売っていなく、何ともみっともないのだが、下からは見えないのでしばらくはそのままにしてついでの時にペンキを塗ろうと思う。他の辺も剥がれかかっているので、冬が来る前には全て取り替えなければならないだろう。これ以上台風が来ないことを祈る。

ところで崖庭の方は一番下の崖のポケット花壇の石積みが終わり、新しい4つの花壇に土を入れて植え込みが出来るようになった。でも今日はこれから千葉、明日は東京だから作業は出来ない。

このロックガーデンを最優先しているので庭の他の部分から随分移植した。さて、何を植えようか・・・垂れ下がって石積みを覆い隠すようなものがいい。ツルニチニチソウとかスィートピーとかかな?
ミツバハマゴウの小さな苗が伊豆高原の園芸店で売っていたので買ったが、先日農協で買ったのに比べるとずっと小さい。

81004a.jpg

新浦安教室の後、吉祥寺で高校の同窓生のグループ展が今日からあるので寄り、明日は日本訳詩家協会のコンサートが代々木上原のけやきホールであるけれど、終わったらそのまま小田急線、JR、伊豆急で伊豆に戻る予定。
category未分類

絶好のガーデニング日和

trackback--  comment0
今朝は風もなくいい天気。

崖の中央部分の石積みもだいぶ進んで上の3つのポケット花壇は明後日以降に土を入れられるだろう。裂け目のある岩のすぐ上はかさ上げが必要だが別に難しくない。

81002a.jpg

ところで台風25号が発生しているがもしまた24号のような進路を取られたら屋根の棟板金が飛んでしまっているので雨漏りがする。だから今日は庭を諦めて屋根工事。でも伊豆高原教室が午後にあったのだった。
category未分類

台風被害

trackback--  comment0
昨夜の風はすごかった。一時停電したし、今でも停電している地域があるようだ。

スモークツリーが倒れたが、これは起こせば大丈夫だろう。

81001a.jpg

白フジは根元から折れた。切り取って気長に根元からの枝の成長を待つしか無いだろう。

81001b.jpg

コニファーのブルーアイスも倒れたが、この樹は前回の嵐でも倒れた。風を多く受ける葉なのに根の張りが弱いのだろう。頑丈な支柱が必要と言うことだ。

81001c.jpg

こちらの白フジも又裂きにあった。

81001d.jpg

下の育成トレーは風に飛ばされ土がひっくり返り無残。

81001f.jpg

ネモフィラとヤグルマギクの苗が主だが、一部はダメだろう。

81001g.jpg

これから樹を起こし、支柱を立てなければ、、、

それと南西側の棟板金が風で飛んで庭に落ちてしまった。新しく取り替えなければならないが、カインズホームの開店と同時に行っても在庫があるかどうか分からない。前回の時もしばらく品切れだった。前もって買って置くべきだったと後悔する。

登板金の下の木も腐食しているはずなのでそこも取り替えなければ意味が無い。古い家を維持するの面倒だが洪水や地震の被害に比べたらどうと言う事はない。
category未分類

クラフトの森

trackback--  comment0
久しぶりにいい天気で今日は雨の心配が無いのでモルタルの作業をした。

80928a.jpg

まだ途中だがあと少しで土を入れられる。上から見るとこんな感じ。

80928b.jpg

夕方近くになって大室山の向こう側のさくらの里で今日からやっている「第20回 伊豆高原クラフトの森フェスティバル」に行ってきた。

魅力的な作品が多く、気になるブースでおしゃべりをしていたので、ほんの少ししか見られなかった。

80928c.jpg

シトロエンの2CVやWVのビートルなどの木工作品や木象嵌のアートなどが良かった。

80928d.jpg

時間切れになってしまったので明日の朝また行きたいけれど、崖の庭の作業もしたいし、他にも用事が山積みだし、、、

伊豆高原クラフトの森フェスティバル
category未分類

涼しすぎる。

trackback--  comment0
今日も朝から雨で相当涼しい。ああ、暑さが懐かしい!

だいぶ崖の中央に迫ってきた。雨だしセメントの作業は出来ないけれど石を積み上げた。

80927a.jpg

反対側から見る。

80927c.jpg

手前は最近植えた崖の上の花壇。

80927b.jpg

正面から見るとこんな感じですっかりヤマハギは無くなった。

80927d.jpg

下の写真は去年から今年の夏にかけて造ったロックガーデン。

80927e.jpg

黄色い葉のグラスがきれいだけど、名を忘れた。もっと買って置けばよかった。

80927f.jpg

こぼれ種で出てきたトレニアが咲いている。

80927g.jpg

ロックガーデンの道路側の様子。

80927h.jpg

来年の春にはだいぶ充実するだろう。