category未分類

2018年へ向けて

trackback--  comment0
今回は12月23日から1月4日までの滞在だったが寒い日が続いて、ほぼ毎日氷が張り、霜が降りた。崖の上のバラの花壇は小さな池を挟んで2つに分かれるのだが、手前の方はだいぶ土が入ったけれど奥の方は手付かずだ。

80104f.jpg

露木さんから頂いた「パフビューティ」のバラの植え込みは崖の上のバラの花壇には植えず、南西の奥の方の花壇に植えることにした。

80104k.jpg

直径60cmの穴を掘り、牛ふん堆肥、一袋25リットルを穴に入れて土と混ぜ、更に土を被せた。

80104m.jpg

フランスで牧場の牛に囲まれた所に住んでいたので牛糞は毎日のように目にしたが、べチャべチャで扱いにくい。馬糞はコロコロしていて、肥料に最適だろう。昔は人糞が野菜などの肥料に使われていたが、水洗トイレが普及して以来、貴重な有機肥料が無駄になっているような気がする。でもさすがに「乾燥人ふん堆肥」と言うのは売っていないだろうし、売っても売れないだろうね。

80104p.jpg

コンテナから「パフビューティ」の苗を抜き、上に乗せたけれど重かった~~。

80104z.jpg

80104q.jpg

庭のあらゆるところから土を調達する必要があり、南西角の少し高くなっている所の土を削ることにしたが、どうしても掘り出せない岩に当たったので岩を砕くことにした。

80104g.jpg

電動の削岩機(電動ハンマ)は家の土台のコンクリートに穴を開けるために買ったのだが、鎖骨を骨折して以来、使うことを控えていたけれど試しに使って見ることにする。

80104x.jpg

削岩機は18キロのようだが、30キロぐらいの重さに感じる。骨折以来パワーが70パーセントぐらいに落ちたせいかもしれないが、土方作業は疲れる。

80104j.jpg

岩全部を取り除くのは無理なので高くなったところだけ砕いて地面を平らにならし、ここはバーベキューをする場所として使うことにする。しかしこの重い削岩機を水平近くにまで持ち上げてコンクリートの壁を打ち抜くのはとても困難に思えるので屈強な助っ人の出現を待つしかないのだろうか?

80104h.jpg

現在は小さな郵便ポストしかないので大きなポストを作ることにした。エントランスのところには石やレンガを積んでアーチを作るが、まだだいぶ先の事になるので早急に新しいポストが必要になる。パーキングのところも考えたが、既に崖のロックガーデンが出来つつあり、ポストは似つかわしくない。
そこで水道のメーター部分の一部を利用することにした。中央の一番大きな空洞は水道使用量の検針のためだから使えない。向かって右には蛇口があって塞げないけれど左は水道の元栓があるだけで、元栓は中央のメーターの中にもあるから、家の水道工事の時はメーター内の元栓を締めれば良く、左側の元栓はメーターを取り替える時のみ使うことになるので何十年に一度しか使わないだろう。そこで穴に据え置くだけの郵便受けなら万一必要になった場合でも簡単に取り外せられるのでここに作ることにした。

80104a.jpg

郵便箱全体を作っても良いが、余っていたプラスチックのケースがあったので奥にはめ込み、手前だけ木で作ることにした。

80104c.jpg

屋根と枠だけ組み立ててこんな感じ。

80104d.jpg

もちろん手前には開閉できる扉をつけるのだが、横からの雨対策として両側面にも板を張った。

80104t.jpg

後は扉を取り付け、ペイントすれば完成だが、不規則に出っ張っている岩に合わせて箱を削ったりしなければならなかったので結構時間がかかってしまった。

さて最大の土の供給源は池なのだが、花壇作りには大量の土が必要なのでどんどん池が深くなり、池のほとりからは2メートル、水深も深いところで1メートル50センチ位になってしまった。

80104b.jpg

毎朝少しずつモルタルと石で池の壁を作っているが、大変ではあるがとても楽しい作業だ。
池は小学生時代に住んでいた北新宿の家の庭に自分で作り、金魚やめだかやタナゴを飼っていたが、中、高校生時代に中央線の豊田に引っ越してからも岩を近くの山や淺川まで拾いに行って更に大きな池を作り、タナゴ、アブラハヤ、アカミミガメ(ミドリガメ)などを飼っていた。
フランスのブルゴーニュのアトリエの庭には泉が湧いていたので、水を堰き止めて池を作り、ロンドンのアトリエの庭にも小さな渓流のある池を作った。
しかし伊豆のアトリエの池は今までのものと比べるとはるかに大きく、全部で5つの池を作るので数年がかりだ。

80104e.jpg

池の水は深いところからポンプで汲み上げ、上から岩の間を通って再び池に流れ込むと同時にゴミを取り除き、汚れた水をろ過するために底の方から汲み上げることにする。そのためモルタルで側面を固める前にパイプを通し、パイプは見えないようにしなければならない。

80104r.jpg

塩ビのパイプは扱いが楽で画期的。鉛や鉄の水道管では素人には難しすぎる。

80104s.jpg

今回は屋根も随分進んだ。古いアルミサッシを使用した二つの天窓はいずれも雨漏りしたため取り外してキッチンの天窓は普通の屋根に作り直し、もう一つのトイレの前の天窓はサッシを使わない方法に変えた。アルミサッシは40年近く前のものなので見た目は損傷ないものの、ゴムのパッキンが劣化していたのだと思う。もともと垂直にして使用するためのものなのでそれを水平に近い場所で使用するのは無理があっただろう。

今回天窓の難しさを知り、対策も分かったので失敗も良い経験になった。屋根も結局二重構造になったので、雨漏りの心配は無くなったが、合板は使わないようにしたので時間と経費が大幅に膨らんでしまった。

さて花を植えるために勾配のゆるい屋根を作ったのだが強度と耐久性を増すために、防腐剤を全面に塗った杉の野地板を縦と横に二重に張って、防水シートで保護し、カラートタンの波板を乗せ、更にその上に透明なポリカーボの波板を敷いて周囲をトタンの雨押さえ水切りで囲んだ。

80104u.jpg

土は水を含むとすごく重くなるので10cmの土で育つ乾燥に強いものにしなければならない。しかし下からは見えないのでわざわざ買ってまで植える気にはならなく、庭にいくらでもあるハナニラ、エリゲロン、コンボルブルス、オルラヤなどを中心に、小型のアガパンサス、パルボコジューム、ユーフォルビアなども植えた。後はジャーマンアイリス、タカサゴユリなども可能だろうがバケツに土を入れて梯子で屋根まで持ち上げるのは重労働だから少しずつしか出来ない。

根が張ってしまえば安心だが、冬は北西の風が強いので土や苗が風で飛ばされないか、また、まだ散水装置が付いていないので水切れで枯れないかが心配だが、初めての経験なので失敗もあるだろう。

ブルーのトタンはけばけばしい色だけどどうせ見えなくなるし、外から見える水切りのところはダークグリーンに塗り替えるけれどすぐに植物で覆われてしまうだろう。

80104y.jpg

次回は11日~17日まで伊豆に滞在予定。
category未分類

バラの花壇の続き

trackback--  comment0
崖の上に更に壁を築いてバラの花壇を作っているのだが、崖っぷちに石を積んでセメントで固めて行くのもなかなか手間なのだけれど問題は土なのだ。

71220k.jpg

今まで花壇を作って、その度に苦労して何とか土を買わずに工面してきたが、とうとう土が尽きたか、、、

71220h.jpg

普通植物は30cmの深さの土があれば何とかなるが、バラは深さが60cm必要なので、石垣の高さまで土を入れなければならない。

71220m.jpg

いよいよトラックで運んでもらって山土を買わなくてはならないかと思ったが、何とかもう少し敷地内で土を探そうと、池を更に深く掘ることにした。掘れば石が出て来て、土は3割ぐらいだけど土質は悪くないようだ。

71220n.jpg

本当にバラの苗1本植えるのに重労働が続くけれど、翌朝は霜が降りて粉砂糖を振りかけたようで朝日にきらきらと光っている。

71220x.jpg

崖の上バラの花壇からパーキングを見下ろす。

71220f.jpg

有り余る枯葉を底に敷き、土をバケツに入れて池の底から何度も運ぶ。

71220b.jpg

パーキングから庭を見上げると雲が流れていた。

71220a.jpg

次回は23日から1月4日まで伊豆に滞在の予定だけど、屋根、窓、地下室、池などやることがたくさんある。
category未分類

育種

trackback--  comment0
去年ヒナゲシなどの種を伊豆の花壇に直播したところ風に飛ばされたのか雨に流されたのか発芽せず、悔しい思いをしたので今回は東京で苗を育てることにした。

トレーに蒔いた種は良く発芽したので小さなビニールポットに1苗ずつ移植した。面倒な作業だが細かい種はこうするしかない。でも来年の花後はこぼれ種で増えるだろう。

71211a.jpg

中央と右は伊豆の庭で咲いた後に採種した白花のジキタリスで、左上が赤に黒目のポピー「レディーバード」、左下がヒナゲシ(虞美人草)の白花だが、苗はとても小さいのに根は結構長く伸びていた。狭いところから少し広くなったので大きくなるだろう。

71211b.jpg

下の写真はポピー「レディーバード」だが以前は「ピエロ」と呼ばれ、80年代に葉山の庭一面に咲かせていた懐かしい花だ。野生種の赤いヒナゲシには黒目がなく、色も少し異なる。

71211p.jpg

種から自家栽培するとたくさん出来すぎ、定植する場所に困ることがある。花壇や蔓バラを誘引するアーチやパーゴラ作りが全く追いついていないのですぐにも伊豆に行きたいけれど、東京での仕事が続いて16日までは行かれない。
category未分類

バラの花壇作り

trackback--  comment0
12月3日はカザンが所属する伊豆ヴェルディ記念合唱団のコンサートが大室高原のホテルアンビエントのエントランスロビーであった。天井が高くて良く響き、歌っていても気持ちが良かった。

71206ver.jpg

翌日は伊豆高原のカインズホームに木材などの買出しに。店の軽トラックを借りて家まで運ぶのだが、水彩画教室のTさんがバラの苗をくれると言うのでついでに軽トラックで出向いた。

71206kainz.jpg

挿し木して5年経った「パフ・ビューティ」だが鉢がものすごく重くて二人がかりでトラックの荷台に持ち上げた。家に着いてからも階段を上げるのに一苦労。

71206b.jpg

最後のバラが咲いていたけれど、来年の春にきれいに咲いてくれるだろうか?

71206c.jpg

今まで作ってきた花壇は宿根草中心の花壇だから新たにバラを植えるための花壇を作らなければならない。敷地のまだ手を付けていない部分はバラを中心とした花壇になる予定だが、掘れば岩がごろごろ出て来るし、大きな岩に当たったらそれ以上は掘れないのである程度石を積んで土を入れなければバラは植えられない。

71206d.jpg

バラの花壇作りはかなり大変な作業になるが、取りあえずパーキングの上の部分から始めることにする。ここはパーキングの上の淵を歩く通路になっていたが、ガーデンが出来てお客さんが歩くのは危険なので花壇にして崖っぷちには近づけないようにすることにしたが、カザンは崖っぷちでバラの世話や除草などの作業をするのでしっかりと石を積み上げ、セメントで固めなければならない。

71206e.jpg

土の中にはこんな石がたくさん詰まっているのだ。今となっては石があるのは嬉しいのだが掘り出すのに一苦労。手前には先日横浜市の青葉農園で買った「ニュー・ドーン」を植え込んだ。

71206y.jpg

手前に見えるのは「パフ・ビューティー」と一緒にいただいた「プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント」だが、その手前にもう一本木立性のバラ(ブッシュローズ)が植えられるけれどここはピンク・ヴァイオレット系のバラを中心に植えたい。

71206f.jpg

庭の中央にあるヒメシャラもすっかり葉を落としてしまった。「パフ・ビューティー」は結局奥の花壇に植えることにして今回は植え込み作業をする時間がなかった。

71206r.jpg

パーキングの右手前に植えた「メリアンサス・マヨール」が元気だが、寒さにはあまり強くないので冬を越せるだろうか?この冬を越せれば来年は花が見られるかも知れない。

71206j.jpg

池の方は土を入れて「ジャーマンアイリス」や「モモバキキョウ」を植えただけで作業は他になにも出来なかった。

71206a.jpg

次回は16日から20日まで伊豆高原に滞在の予定でバラの花壇の続きをすることになるだろう。
category未分類

伊豆ヴェルディ記念合唱団

trackback--  comment0
11月5日に伊東のカトリック教会でのコンサートを終えて、12月3日には伊豆高原でコンサートをします。カザンはテノールですが、とてもきれいな曲ばかりなので是非聴きにいらして下さい♪

71111anbiento.jpg
上の画像をクリックすると拡大します。

71112ab.jpg

ホテルアンビエントへのアクセス
category未分類

府中での展覧会

trackback--  comment0
府中駅のけやき並木通りの向かいのグリーンプラザ分館ギャラリーで展覧会をやっている。

71128a.jpg

このけやき並木は大國魂神社の参道に当たり、歴史を感じさせる。

71128e.jpg

71128c.jpg

展覧会は府中、新百合ヶ丘、自由が丘教室の生徒作品が約20枚、カザンの作品が約20枚の展示である。

71128d.jpg
category未分類

崖と池作り

trackback--  comment0
パーキングの向かって左側のコルディリネやキキョウランの植わっている花壇の両隣に土を入れてアカンサス・ホワイトウォーター、カンパニュラ、アストランティア、タリクトラム、ゲラニウムなどを植えた。いずれも夏の高温多湿が苦手な植物だが、この場所が気に入ってくれるとうれしい。

71124b.jpg

上の庭から移して一本だけ木を植えたが、これは「アメリカ・ヒトツバタゴ」で「ナンジャモンジャの木」の一種。今年は花をつけなかったが来年はどうだろう?

71124g.jpg

向かい側の右手のパーキングの崖の上の部分にも土を入れていろいろ植えた。たくさんの種類を植えたので花が咲いたら順次紹介することにする。

71124a.jpg

ついでに崖の斜面に生えていたヒメシャラを3本切ったのですっきりして更にロックガーデン風になった。

71124k.jpg

上から見るとこんな感じで岩伝いに下まで降りられる。

71124e.jpg

パーキングの造園は取りあえず中断し、池に取り掛かる。溢れる水は一番左の端から流れ落ちることになるので他の部分はそこより高くなければならない。目視では分からないので水準器で確かめながら石を積んでいく。

71124f.jpg

池の堤防に当たる壁はミニ万里の長城に見えるが上の細長い部分には乾燥に強いジャーマンアイリスやアガパンサスを植える予定。

71124h.jpg

道路側から見るとこんな感じでかなり高い壁になってしまった。

71124c.jpg

内側をセメントで固めているけれど外側もある程度塗り固める必要があるが、壁にエリゲロンやコンボルブルスを植え込むので適当に隙間も作らなければならない。

27日~29日は府中で展覧会、30日は大阪で「大阪ヴォーカル・コンクール」を主催し、1日は新百合ヶ丘教室、2日は「アミカル・ド・シャンソン」の例会、3日は「伊豆ヴェルディ合唱団」の演奏会とイベントが続き、移動も多い。

27日~29日は府中グリーンプラザ分館ギャラリーの会場に10時から16時まで居りますので、よろしかったらお寄りください。

次回の伊豆高原は12月3日~6日で池の続きと屋根の作業を主にする予定。
category未分類

ミモザ

trackback--  comment0
ミモザアカシアで名前が分からなかったものがあった。伊豆高原のホームセンターで求め、「フサアカシア」だと思い込んでいたのだが、昨日府中のホームセンターで小さな苗を見つけ「アカシア・デアネイ」だと言うことが分かった。
学名は Acacia deanei で英名が Deane’s Wattle (ディーンズワトル)でオーストリア原産。

71114a2.jpg

このアカシアは四季咲きで、花は淡黄色で派手ではないが香りが素晴らしい。それと葉の形が繊細で色もきれいで夜は閉じる。成長が速く、倒れやすいので支柱が必要なのが難点なのは「ギンヨウアカシア」と同じ。
カザンの庭には5種類のミモザアカシアが植わっているが、それぞれ性質が少し違うものの、風と雪に弱いので少し小さめに育てることにしよう。

園芸店でアカシアの小さなポットを買うと大体3本ぐらい苗がまとまって植わっている。多分1本だと貧弱に見えて売れないからだろうが、大きくなるのは分かっているので庭に植える時は1本ずつに分けて植える。その他の植物でも可能な限り根をほぐして株分けして定植することにしている。
category未分類

秋のコンサート

trackback--  comment0
《アミカル・ド・シャンソン》の秋のコンサートです。カザンはセルジュ・ラマの「赤い風船」と「ピギャールの娘達」を歌います。当日券ありますのでどうぞ聴きにいらして下さい。

71012bremen.jpg
category未分類

再びパーキングの崖の続き

trackback--  comment0
崖の庭もかなり上まで行って、今では上から降りることも出来るようになった。

71111a.jpg

反対側から見るとプチピラミッド?それともプチバベルの塔?カザンはここを登ったり降りたり、、、プチ登山のよう。

71111c.jpg

まだ土は入っていないけれど今度は上から落とせば良いので楽勝でしょう。

71111b.jpg

9月から10月にかけていろいろ種を蒔いたがオルラヤがぎっしり発芽してしまった。間引いて移植しようにも他のところにもいっぱいあるから、、、、

71111e.jpg

リュウゼツランも元気に育っているけれど小さいので冬を無事に越せるかな?

71111d.jpg

9日に赤沢の節子ガーデンを再訪した。秋バラが咲いていたけれど、オーナーの節子さんと植物の話ばかりしていて写真は撮らなかった。好きな植物の種類が近いので話は尽きなく、苗の交換の約束をした。

71111fc.jpg

赤沢の望洋台の友人宅に寄る途中、隣接する恒陽台にアラブ風というか独特の曲線の建物があり、ここにもリュウゼツランが植わっていた。個性的な家には個性的な植物が似合う。

71111g.jpg

12日は東京の富士見ヶ丘で《アミカル・ド・シャンソン》の秋のコンサート、15日は市ヶ谷でアミカルの歌会、19日は12時~17時まで大久保でアミカルの歌会、18時から伊東で伊豆ヴェルディ記念合唱団の練習だから専用ジェット機か「どこでもドア」での移動となる。
次回は20日~25日まで伊豆高原に滞在し、27日~29日は府中で展覧会、30日は大阪ヴォーカルコンクールを主催し、12月1日は新百合ヶ丘教室、2日は大久保でアミカルの歌会、3日は伊豆高原のホテルアンビエントで合唱団のコンサートだけどチラシやプログラムの作成、合唱団のブログも担当しているので何かと忙しい。

《伊豆ヴェルディ記念合唱団》のブログはこちら 
category未分類

発芽

trackback--  comment0
東京のマンションの屋上で種を蒔いたトレーから芽が出てきた。去年はヒナゲシなど直播したが、蒔いた時期が遅かったせいか強風に飛ばされてしまったのか完全に失敗してしまった。そこで東京で苗を育成して伊豆に持って行く方法にしたが、今回はたくさん発芽してくれたので安心した。

71031b.jpg

ヒナゲシの種は砂粒よりもずっと小さいのだが、あんな小さい粒から良く芽が出るものだといつもながら感心してしまう。もう少ししたら発芽した芽を下の大きさの黒いビニールポットに植え替え、ある程度大きくなったら伊豆に持って行く。

71031a.jpg

うまく発芽した場合は大量の苗が出来るのはうれしいが、伊豆高原の庭には既にオルラヤなどが発芽しており、とても全部は植えられないだろう。次回は4日~10日に伊豆高原に行く予定。
category未分類

台風22号

trackback--  comment0
台風22号が発生し、また伊豆半島に上陸来するかもしれないので屋根が心配だったので、急遽伊豆高原に行くことにした。なので10月は伊豆と東京を4往復したことになる。

屋根の上に更に屋根を乗せる感じで、今度は雨漏りがなくなるだろう思うが、水は本当に小さな隙間から侵入するので油断は出来ない。

71028a.jpg

前回トタンで覆ったところの隣も杉の野地板で覆い、トタンを張ることにした。この上に直接土を乗せたのでは錆が早く来ると思うので、更にプラスチックの波板を乗せる。

問題はどうしたら土が流れずに屋根の上に留めることが出来るかだが、いろいろ考えているところである。

71028b.jpg

屋根はまだ途中だが、2日ではとても仕上がらない。今月中にユリの球根を植えたいので崖の花壇を急ぐことにした。前回途中だった所は仕上げ、更にその上も少しだけ石を積み上げた。

71028c.jpg

ここの土入れはとても大変だった。風邪を引いてしまい体調が良くなかったのに、敷地の一番高いところから道路までバケツに土を入れて階段を降り、更に崖の岩を登り土を入れるのでさすがに疲れた。上からの階段があるといいのだが、ここはあまりに急なのでパーキングの反対側のような階段は作れない。

71028d.jpg

ようやく土が入っていろいろ植えた。下向きに咲くユリ「スイートサレンダー」とブルーの「カマッシア」だがどちらも初めての球根なので楽しみ。一番下の段から斑入りススキ「ミスカンサス」や「リナリア・プルプレア」を上に上げて、白花のアガパンサス「ポーラーアイス」なども植えた。

71028f.jpg

まだ苗は小さいが来年の春が楽しみ。
category未分類

台風直撃

trackback--  comment0
22日の昼前に伊豆高原に着いたが、台風接近中で風雨が強くなっていた。夜中には暴風雨で零時過ぎに御前崎上陸。このままだと家の真上を台風が通過することになる。

屋根は工事中なので雨漏りはするし、風に飛ばされないか心配した。朝の4時半に急に静かになり、台風の目の中に入ったことが分かり、ようやく眠ることが出来た。そして7時に目が覚めた時は晴天だったが、隣の敷地では木が倒れ、道が通れなくなっていた。

71024a.jpg

秋植えの球根を植え込まなければならないのでパーキングの右側の更に上の方に花壇を作ることにした。

71024b.jpg

かなりの急斜面なので石を高く積まなければならないが、足場が悪い場所での作業には時間がかかり、1日では予定の高さまで達しなかった。

71024c.jpg

パーキングと道路の角に植えた「メリアンサス・マヨール」の新しい葉が美しいが、真冬の寒さに耐えられるだろうか?

71024d.jpg
category未分類

雨続き

trackback--  comment0
15日は午前中から午後にかけてアミカル・ド・シャンソンの例会で夜は伊豆ヴェルディ記念合唱団の練習。伊豆高原の家に着いたのは夜の10時近くだった。翌日は1日中雨で庭に出られなければ、屋根も出来ないので家の内部をやる。

71018a.jpg

玄関を入ってすぐのところに構造的に抜くことが出来ない柱が2本あるので、L字型の壁を作ることにした。もとはクロゼットだったところで、耐震のために両方向に筋交いを入れた。クロゼットの床は簡単なもので、ベニヤ板を取ると下は相当深い小さな地下室になっている。石だらけの地面は傾斜しているが、一番浅いところでも2メートルぐらいあり、梯子がなければ上がることが出来ない。

71018b.jpg

17日の午後にようやく雨が上がったが、水彩画教室だから、家の仕事は出来ないので庭は全く進まず、前回植えた所も変化なし。

71018c.jpg

反対側の奥の崖には黄花コスモスが咲いている。好きでないので雑草扱いだが抜く時間がない。

71018d.jpg

秋植えの球根が待っているので早く花壇を作らなければ、、、でもしばらくシャンソンと合唱でコンサートが続くのでまとまった時間が取れない。次回は22日から24日の3日間で、台風が来るようだからまた庭は無理かな?

71018g.jpg

家の改装も庭もだが、1年半前の計画からだいぶスケールアップしてしまい、庭も家も思い描くようにするには10年位かかりそう。
70歳から始めたので後10年で80歳!どんどん体力が落ちて行くから作業のスピードも落ちるだろう。
category未分類

苗の育成

trackback--  comment0
今回は東京での用事が続き、10日以上伊豆に行くことが出来ないので、東京では種を蒔いたり、苗の育成の管理をすることにした。

白花のジキタリスの種を伊豆から持ち帰り、蒔いたら下のプランターのようにどっさりと発芽した。しかも同じようなものが5つもあるので、多すぎるから元気の良さそうなのを選んでポットに移植した。二年草なので花が咲くのは再来年になる。

71012a.jpg

下は挿し木苗や種まきしたトレーなどが並ぶ。今年から始めたが、やがてトレーや小さなポットで屋上は一杯になるだろう。伊豆の庭もオルラヤやオダマキなどのこぼれ種でたくさん発芽しているので多すぎた苗は行き場がなくるかも知れない。

71012b.jpg

次回は16、17日のみで雨でなければ屋根の続きだけれど、17日は水彩画教室だから1日半しか作業が出来ないのでたいしたことは出来ないだろう。
category未分類

パーキング花壇と花屋根

trackback--  comment1
パーキングの花壇の続き。

71004e.jpg

階段の左側の3段目まで全て植物を植えた。

71004d.jpg

階段の右側は2段目まで石を組んだ。

71004b.jpg

外側からは見えないが強度を増すために3つの部分に分かれている。右側の細い部分は池になる。

71004c.jpg

上の段にはキキョウランなどを植えて、下の段は中央の部分だけ土を入れてコルディリネなどを植えた。

71004f.jpg

庭の作業は10月からスピードダウンして、秋からは家の改装を中心にやって行く。
花屋根は雨漏りしないか様子を見てきたが、内側に水が流れる構造だと水が溜まり、雨漏りの原因になるので、外側に向かって水が流れるように新しい屋根を付けることにした。

71004g.jpg

そうすると北側の窓がだいぶ塞がれるが、冬の北西の強風に対しては強度が増し、空間が出来るので屋根からの暑さ寒さの影響を受けにくくなるだろう。確実に雨漏りがない事を確認してから断熱材を入れたい。

71004h.jpg

杉の野地板と梁には全てタフコートと言う防腐剤を塗るのだが、塗る前には紙やすりをかけなければならないので、結構手間がかかる。

71004k.jpg

野地板を張った上にカラートタンを張るけれど、こんな派手な青色のものしか売っていない。この上にプラスチックの波板を乗せて土を入れるのでトタンは見えなくなるのだが、、、

71004m.jpg

6月に30cm程度の苗を植えたが、ニセアカシア「フリーシア」の成長のスピードはものすごい。

71004a.jpg

ルコウソウも近くの木に絡みついて猛威を振るっている。

71004j.jpg

来年は程々にしないと。
category未分類

崖の花壇の植え込み

trackback--  comment0
2段目の石垣もようやく積み上げ、土を入れたが、岩も土も庭の反対側からバケツで何度も階段を上り下りして運ぶ。

70927a.jpg

100均で買った下のバケツで運ぶのだがなかなか役立っている。
3段目にも土が入って、キキョウランを植えた。こちらは白斑で1段目は黄斑。

70927b.jpg

横から見るとこんな感じ。

70927c.jpg

去年作った崖の花壇の下の道路沿いにこぼれ種で出てきたルコウソウを植えたけれどすごいスピードで伸びて行く。白いツルハナナスの中の赤い星がかわいい。

70927d.jpg

崖の岩の隙間に咲くタカサゴユリは狭い所が好きなようだ。風に乗って飛ばされた種が小さな隙間に入り発芽する。繁殖力が強く伊豆高原の至る所で見受けられる。外来植物だけれどきれいだし、害はなさそう。

70927e.jpg

ルコウソウの葉とオカメツタ「キセキ」のコントラストが面白い。

70927f.jpg

ルコウソウとフウセンカヅラはほぼ同時に発芽し、同じように成長する。

70927h.jpg

3段の石段に苗がを植えた。来年には石垣を覆うようになるだろうか?

70927g.jpg

狭い場所にたくさん苗を植えすぎているのだが、新しい花壇ができると嬉しくなってついぎゅうぎゅうに苗を植えてしまう。

70927j.jpg

来年には狭くなりすぎて植え替えることになるが、植え込みや植え替えは楽しい作業なので苦にはならない。

70927m.jpg

4段目の小さな花壇も出来ているので次回はパーキングの少し奥の左側面に取り掛かる。
category未分類

3段の花壇

trackback--  comment0
敷地の南東の道路沿いは3段以上の花壇になり、一番下の段には土を入れたが、思ったよりたくさん土が必要で結構大変だった。

苗を植える前にすぐに2段目を積み始めた。

70919a.jpg

上から見るとこんな感じ。これから猛然と雑草が生えてくるだろう。

70919b.jpg

新しい花壇が出来るとすぐに苗を植えたくなる。黄斑のキキョウラン、ユーフォルビア、グラジオラス、ハクリュウなどをとりあえず植えてみた。

70919c.jpg

ちょっと分かりにくいけれど「斑入りミズキ」の小さな苗もある。大好きな木なのでネットで随分探したがようやく最後の一本をゲット。10年経ってどの位の大きさに育つのだろう。学名は「コルヌス コントロヴェルサ・ヴァリエガータ(コルヌス・コンラバーサ・ バリエガータ)」 cornus controversa variegata

70919d.jpg

ここは木漏れ日の当たる場所。強い日光の苦手な植物には居心地が良いだろう。

70919e.jpg

2段目はまだ途中だが3段目はほとんど石を積み上げた。

70919f.jpg

今回は3日ほどの滞在だったが17日は台風で何も出来なかった。
秋はなかなか忙しいのです。シャンソンのコンサートとコンクール、伊豆ヴェルディ記念合唱団のコンサート、府中市での展覧会など催し物が目白押し。次回は23日から28日まで滞在の予定。
category未分類

パーキングの崖庭の続き

trackback--  comment0
今回は3日しか居られなかったが、敷地の南東の角の道路沿いに石を積み上げ、セメントで固めた。外側から見ると頼りなさそうに見えるが、内側の要所要所に石を重ねて補強してあるので崩れる心配はない。ここは日中は木陰になるのでホスタやヒューケラなどが合うだろう。雨の日が続き、セメントの乾きが遅かったので土入れや植栽は次回になる。

70907h.jpg

これでパーキングに向かって右側の既に出来ている部分との繋がりが出来、スケールが大きくなった。

70907a.jpg

上の庭に上がる階段も少しずつ出来ていく。

70907b.jpg

道路に近い手前から順に作業していくので、正面の岩は冬頃になるかな?内装も手がけなければならないので、カザンのクローン人間が後二人ほど欲しい。

下は正面の岩の滝のイメージだが、実際にどうなるかはまだ分からない。

70907taki.jpg

花壇が出来たばかりは植物が小さく頼りないが、つる性の植物は1年でこんなに成長する。

70907e.jpg

ツルハナナス(ソラナム)は来年どうなるのだろう?大きくなりすぎて厄介者になるだろうか?ハゴロモジャスミンもうっかりするとライラックなどの木に絡みついて覆い尽くしてしまう。

70907d.jpg

エリゲロン、コンボルブルス、ソラナム、ルコウソウなどが絡み合って崖の石組を覆い隠す。

70907f.jpg

庭の西側では隣から侵入してきたセンニンソウが細葉モミジの上にのしかかって来ている。花が終わったら切ろう。

70907g.jpg

パーキングの崖は普通は大きな岩を上まで組んで土止めをするのだが、麻のムシロで抑えて、雑草を根付かせるという簡便な方法を取ったので自然の岩肌が活きたが、もしも上まで岩を組んでしまっていたら岩肌の自然の造形美は覆われ、植物も多くは植えられなかっただろう。
このパーキングを作った時はここにガーデンを作ることは考えていなかったのだが、岩を積み上げなかったのは幸いだったとつくづく思う。
category未分類

ロックガーデン

trackback--  comment0
8月に入ってからはほぼ1ヶ月間パーキングの崖庭の整備に費やした。

70829a.jpg

マメ科の植物のニセアカシア、フサアカシア、シロナガフジの成長が著しいけれど、大きくなりそうな気配がなかった斑入りヤマボウシ「ウルフアイ」に新しい大きな葉が出てきた。ほとんどの斑入り植物は夏の強烈な日差しに弱く、このヤマボウシも葉焼けしていて春先の新葉の美しさは見る影もないが、何とか酷暑にも耐えそうだと言うことが分かったので来年の春が今から待ち遠しい。上に伸びて欲しいのだけれど、横に広がって行く感じだ。

70829b.jpg

さて、パーキングの崖だが、北側の下の部分から岩とモルタルで造形して行く。この場所はあまり大きな石が出土しないので小さめの石を組み合わせて行くので手間がかかってしまう。また滑落しないように除草作業用の足場も作っている。

パーキングの崖のまだ8分の1程度だが砂25袋、セメント2.袋半を使った。去年庭を作り始めてから砂は200袋ぐらい使っただろうか?崖の庭、池、テラスとまだまだ砂とセメントは大量に必要だ。でも石と土はまだ一度も買っていないのでその点はありがたい。
庭を掘れば岩だらけの溶岩台地だけれど、むしろそこがカザン流庭作りのためには利となっていると思うようになった。

70829c.jpg

植え込む植物は既に西側の花壇に植えてあったものを移したり、東側の崖で元気に成長している植物の苗を買い足したりしている。オダマキ、オルラヤなどのこぼれ種で小さな苗が発芽しているのですぐにここも植物で一杯になるだろう。銀葉のセントーレア、ハクロニシキなどは簡単に挿し芽で増やせる。

70829d.jpg

ここは南面なので陽だまりのような感じになり、冬の西風も防げそうなので寒さに弱い植物も防寒すれば冬越し出来るかもしれない。

70829f.jpg

手前のピラッミッド咲きアジサイ「ライムライト」は花が咲いているし、8月は移植の季節ではないので、秋まで待てば良いのに、植えられるとなると無理やり引越ししてしまった。東京に戻る前に花は切ってしまおうと思ったけれど切り忘れてしまった。

70829e.jpg

パーキングの南側も同時に進めていて、上まで上がれる階段を作った。既に上まで登れるようになっているが、どうしてもなければ困ると階段ではなく、手入れ用の通路。道路側も石を積み上げて花壇を作り始めた。

70829j.jpg

もちろん階段の両側はお気に入りの植物で埋め尽くされる予定で、階段の下には崖下の池の排水用パイプを埋め込んである。

70829p.jpg

ロンドン郊外にあるウィズリーガーデンやエジンバラ植物園のロックガーデンが大好きなので、このパーキングの周りはわが意を得たりと言う感じで嬉々として作業している。二度と落ちたりしないのでご心配なく。骨折して体があまり動かせなかったので脚力が急に弱った感じがする。階段を上がれなくなったらここに昇降機を付ければいいか・・・と思いつつ、後20年は35段の階段を上り下りできる脚力を維持しなければ、、、と思う今日この頃である。

70829k.jpg

池と滝が出来て、岩が緑で覆われて来るとパーキングにして置くのはもったいなくなって、下にタイルを張ってテーブルと椅子を置いてテラスにでもしようかと思ってしまう。屋根の上にもテラスを作る予定なので家の前とで三段テラスが出来ることになる。