category未分類

地下室

trackback--  comment0
今回は21日から滞在したがまだ寒い日が続き、家の北側の謎の湯気は寒い朝に太陽の光に当たると確認でき、穴の底には椿の花びらが散っていた。

70331a.jpg

入り口から階段を登り、玄関への階段を登る手前で家の北側の池に方に行く通路と南のテラスへの階段に分かれるが、どちらも石を組んで新たに作っている。

70331b.jpg

こちらはテラスへの階段で、なるべく緩やかなものにしたいと思っている。

70331c.jpg

上から見るとこんな感じで、階段に沿って小さな花壇も作った。

70331d.jpg

そして1段目だけセメントで固めた。急ぐ必要はないので少しずつ気が向いた時に作業を進めることにする。

70331es.jpg

さて、前回途中で時間切れになった、南西の花壇の土入れが何とか終わった。土の供給のためにガゼボ予定地の下に穴を掘り新しい花壇に運んだが、結構大変な作業だった。

70331f.jpg

ひなげしや高砂ユリの種を蒔いたが、ここが花で埋まるのは2年後だろう。

70331g.jpg

ベランダから見るとこんな感じ。

70331hs.jpg

伊豆の家は工事中なので隙間だらけだから冬は寒い。工事が終わっても標高230メートルなので冬の寒さはかなりで、氷は張るし、霜の降りる日が続く。全ての部屋の天井を上げるので夏は涼しくなるが、冬の暖房効果は落ちる。そこで冬の寝室を地下に作ることにした。

70331i.jpg

居間は6畳と12畳の部分に分かれていたが、壁や押入れを壊して、現在は繋がったスペースになっている。東側の6畳部分は基礎が高く、地下の天井は高いところで2メートルはあり、ここを冬の寝室にしようと考えた。非常に乾燥していて全くかび臭くないのがありがたい。窓は無く、小さな通風口が2つあるが、今のところ窓は作る予定は無い。

天井の断熱材は一部垂れ下がっていたり、落ちていたので全て剥がしたが、コンクリートの壁と床下には断熱材を入れるので天井に断熱材は必要なくなるだろう。
地下室の天井、すなわちギャラリーの東側の床は傷みが無く、多少の補強で済みそう。

70331r.jpg

下は土で、大小の石がごろごろしていたが、平らになるように石を並べて土が見えないようにコンクリートで固めることにした。

70331j.jpg

まだ仮の梯子だからセメントや砂利、砂を運び降ろすために何度も梯子を上り下りした。土も出たのでバケツで新しい花壇に運んだので何とか花壇に土が入ったのは収穫だった。

70331k.jpg

地下のコンクリート固めは7割ぐらい進んだところで時間切れ、次回に続きをすることにした。

70331l.jpg

外はまだ雪柳が咲き出したばかりだが、ヒューケラの小さな葉が鮮やか。

70331m.jpg

庭には芝と雑草の中でハナニラが咲いている。ここはテラスの下になるのでいずれ花屋根に球根を移す。

70331n.jpg

桜並木の桜はまだ咲いていない。次回は9日と10日に行くがきっとその頃満開だろう。