category未分類

屋根の上の・・・

trackback--  comment0
今回の伊豆滞在は実質2日程度だからたいしたことは出来ないが、北側屋根の野地板を張り終えた後に防水シートを張った。
シートを張り合わせたところはゴムのパッキンの付いた釘と密着防水テープでつなぎ合わせる。このテープは粘着力が強力だ。
防水シートもテープもアマゾンで取り寄せられるし、伊豆高原にホームセンターのカインズが数年前に出来たのでとても助かっている。

以前の風呂場へのガラスのアルミサッシを利用した天窓も防水テープでビニールシートをとめたので水漏れの心配も無いだろう。大工さんの話によると天窓は3つ作れば一つは水漏れが出来るというほどのものだそうだが、二重にビニールシートを張っているし、テープやビニールの上は日光が当たらないように木材や土で覆うので時々チェックしていれば大丈夫だろう。

屋根は垂木を倍に増やして強度を増すようにしたが、斜めに鋸で切らなくてはならなく、角度を合わせるのにかなり時間がかかった。屋根の上で何度も鋸で切り直したので、「屋根の上のバイオリン弾き」ならぬ「屋根の上のノコギリ引き」のカザンであった。

70214a.jpg

あまり風が強い日は屋根の仕事は出来ないので花壇を作って行く。
毎日氷が張る程の寒さで早朝は土が凍っているので靴下を3枚重ねても足が冷たくなる。

70214b.jpg

前回の続きで、はびこった芝や萱や雑草を剥がして上部に花壇を広げて行く。

70214c.jpg

まだ途中だが、少しずつ花壇が広がっていくのが嬉しく、何を植えようかと考えているのが楽しい。

70214d.jpg

庭がある程度充実するには3年ほどかかるから、4月までに更に花壇を広げて行きたい。

70214e.jpg

屋根の上から晴れた日の光る海を眺めるのは気持ちがいい。