category未分類

屋根の修理

trackback--  comment0
北側の屋根に天窓を作った時、屋根のスレート瓦を支えるベニヤの野地板が完全にダメージを受けているのがわかった。このまま室内の天井を張っても、すぐに全面的に改修しなくてはならなくなるのは明らかだ。それならばまだ天井が無い今の方が作業がしやすく、また雨の少ない今の時期が絶好の機会なので屋根の修理を優先することにした。

屋根の野地板がダメになった原因は屋根の頂上部(大棟)からの雨漏りに加え、長年の結露によりベニヤの接着部分が剥がれ、強度が全く無くなってしまったことが考えられる。幸いスレートはそれ程損傷が無いので何とかなってはいるが、スレートを止める釘は効いていないので強風で瓦が飛んでしまう可能性はある。この家は眺めが良い分海風が吹き上がって来るし、冬は天城山から強風が吹き降りてくるので、都会の一般の家より2倍の強度が必要となるが、ごく一般的な水準なので35年が限度だったのだろう。

これも天井を取り外さなければ屋根裏は暗くて気付かなかったことなので、ぎりぎり間に合ったのは幸いと考えるしかない。
改修は手軽なベニヤ板を使用せず、全てムクの木で頑丈に作るため、時間も費用もかかるので来年の5月までにギャラリーを完成させるのは不可能になった。
5月の伊豆高原アートフェスティヴァルに参加するつもりだったが、止む無く1年延期し、2018年からの参加とすることにした。

また内装に関しても多くの変更があり、アンティークのドアや窓が届いてみると、傷などの補修にも時間がかかり、テラス部分も予定の3倍の広さにすることにしたので膨大な仕事量になってしまった。
庭も含めれば再来年の5月でもまだまだ未完成な状態だが、取りあえず建物の内装部分は何とか形になるだろう。

当初はギャラリーとしてオープンする予定で、《ギャラリー・カザン》の名称を考えたが、もう少し多目的な空間にしたいと思うようになった。そこで名称を Salon des Fontaines 《サロン・デ・フォンテーヌ》とし、ティールーム&ギャラリー、シャンソンや室内楽のコンサートなどを催し、会話を楽しむサロンにしたいと思うようになった。テラスを広くするのも自然の中でコーヒーを飲んで憩う場にするためだ。

「フォンテーヌ」とは泉とか噴水であり、ここに泉があるわけではないが、池を5つと噴水も作るので的はずれではないでしょう。しかし何よりも、泉のようにフレッシュなものが湧きいずるイメージを大切にしたいと思う。

また準備が出来次第アンティークの家具や雑貨なども販売したく、近くホームページにアンティークのページを作る予定である。