category未分類

天井解体

trackback--  comment0
ギャラリーのスペースを広げたり、天井を壊し始めると、最初の予定より大掛かりな工事になってきたので5月までに出来るかどうか不安になり、2日と3日の2日間だけ工事に行った。

10月は14日と23日にカザンが主催するコンサートが原宿と恵比寿であり、9日と10日は浜松シャンソンコンクールに出場のために浜松入り、翌11日は大阪ヴォーカルコンクールの主催者だから浜松から大阪に直行し、16日はアミカルの例会で24日からは府中のギャラリーでカザンの個展だし、その間もカルチャーでの講師の仕事がほぼ毎日あるので、、、と思ってカレンダーを見ていたら大変!今日の午後は上北沢と自由が丘のダブルブッキング!自由が丘が変更で午前から午後に変わったのだった。こうなったら分身の術を使うしかない。

61004a.jpg

さて、ギャラリーの天井のベニヤが漏水で傷んでいたので剥がすことにしたが、鋸とバールで1日で壊せるだろう。上の写真は半分まで天井を取り去ったところ。

61004d.jpg

天井が全て取り去られ、屋根の裏側が見えてきた。

61004b.jpg

今までよりかなり高い天井が出来るのが嬉しい。天井のデザインはほぼ決まったが実際にうまく行くかはやってみないと分からない。

次の写真はギャラリーの東側の部分だが、こちらは梁が通っているので同じ高さには出来ないが、南側(写真の右の梁より低くなっている部分は梁の下側まで上げることにする。

61004c.jpg

天井が高ければ響きが良くなる。デジタルピアノとヤマハのヴォーカル用スピーカーがあるのでシャンソンのミニライブや室内楽のサロンコンサートが出来るだろう。だからここはギャラリーではあるがむしろサロンという名称にしたいと考えている。