category未分類

壁の解体

trackback--  comment0
2週間以上空いたのと雨が多かったので庭はひどいことになっていた。刈っても刈っても次から次へと新手の雑草がのさばってくる。もしも毎月のように来なかったらすぐにジャングルのようになっていただろう。特に悪いのが葛で、ものすごい勢いで蔓が延びて庭中を覆ってしまう。その他ススキや名前の分からない雑草の天国だが、今はざっと刈って放置するしかない。

60926d.jpg

最初の2日間は雨だったので家の内部の改造を手がける。内部はなるべく広く、なるべく天井を高くする。そして、自然光をたくさん取り込み、風が全方向に吹き抜けるようにする。

60928a.jpg

押入れを壊すと下に基礎の内側が見えたが、相当深くてとても良い地下室になりそうだ。しかしここに降り口を作ることは出来なく、また家の外側からコンクリートの壁に穴を開けて入り口を作るのも大変そうだから地下の空間の利用は取り敢えず諦めることにするが、まだ一つ収納スペースがあるのでそこから地下に降りる階段を作ることは出来るかもしれない。用途としてはワイン蔵と非常用食料などの収納庫ぐらいかな?

60928b.jpg

壁に穴が空いている裏側は玄関で、現在は下駄箱があるがギャラリーは靴を脱ぐ必要がないのでここもぶち抜いて床を張り、ギャラリーの空間にする。プライベートの玄関は反対側(西側)になり、この東側のドアは階段部分を利用した小さなテラスへの入り口となってギャラリーへのエントランスは南側のテラスからになる。

60928e.jpg

玄関の壁も取り壊すと柱が3本残る。左手前の柱は梁を支えているので取ることが出来ないが、奥の2本の柱は取る事が出来る。

60928f.jpg

新しい天井は梁の下の高さになるが、天井が高いと音の響きが良くなり、40人ぐらい入れるミニホールとしても使えるので、時々サロンコンサートも出来るでしょう。

60928g.jpg

カザンは10月10日の浜松シャンソンコンクールで「ナタリー」と「ヴィー・ヴィオランス」を歌うので工事の合間にここで練習している。周囲は別荘でほとんどいつも不在なので大音量でも大丈夫。

仮に置いてある2本のコンデンサー・スピーカーの後ろは収納スペースだが、扉を取り払い、絵を掛けるスペースになる。たくさんあった収納スペースはギャラリーの床になったり西側のエントランスへの廊下になったりでゼロになるが、和室を洋室に改造し、ロフトを付け、屋根裏に上れるようにするので収納スペースは問題ない。

60928h.jpg

次は廊下に当たる部分の天井を壊すと太い梁が現れるが、梁の裏側は東西に天井の高い廊下が出来、風の通り道が出来る。

60928k.jpg

キッチンを必要最小限に留め、ギャラリーに繋がる部分は出窓に改造し、天窓を取り付け、日常の食事スペースにする。そしてキッチンとは壁とドアで隔てるのでギャラリーからはキッチンは見えなくなる。今見えている白い天井は壊し、見上げると空が見える明るく気持ちの良いコーナーになるだろう。

60928j.jpg

この家は台風の時屋根の一部が飛ばされて雨漏りがあったようで、天井の壁紙が剥がれかかっている。ベニヤ板ももふやけていて使い物にならないので、居間の天井も全て撤去し、新しい天井を作ることにするが、そうすると家全体の天井と壁と床とドアと窓をやり直すことになるので5月のギャラリーオープンに間に合うかどうか、、、東京から時々通って一人で工事をしているのでテラスとガーデンは後回しにして、家の内部だけは何とか絵が掛けられる状態にしたい。

60928q.jpg

家の壁や天井の解体はかなりの腕力と体力を要するので疲れ、合間に池のセメント工事をするが、こちらは強い日差しと蚊との戦いで、汗が滴り落ち、蚊取り線香を二つ置いて作業をしているが、今は蚊の産卵の時期らしく蚊取り線香を使っていても蚊に刺される。

それなのに池を作ると蚊が発生するのではないかと思われるが、それはタナゴやオイカワなどの魚がボウフラを食べてくれるので問題ない。それにしても大量の蚊はどこで産卵しているのだろう?

60928n.jpg

池の壁は石を並べてその隙間を砂利を混ぜたコンクリートで固めていくのだが、、きれいに仕上げる必要はない。魚に美意識は無く、苔が生え、岩や流木や水草を配置するので強度と水漏れしないようにさえすれば良い。

60928p.jpg

まだかなりの高さに石を積んで壁を作らなければならないが、池は最終的に5つ作る予定だ。地名が伊東市池だからたくさん池があっても良いだろう。