category未分類

節子ガーデン再訪

trackback--  comment0
階段を上がって左側の花壇にはいろいろな種類の宿根草が植わっているが、スモークツリーの黄色い葉が一番きれいな頃かなと思うが、これから夏の強い陽が当たると汚くなるだろう。斑入り葉や明るい葉は夏の強い日光を避けるべきだが、この場所は日当たり良好だからね。でも植えてから2年目なので最初の年よりは根も張って葉のダメージが少ないかもしれない。

80527a.jpg

少し手前の階段の右側のネグンドカエデの下の白いポピー(虞美人草)が咲いた。カザンの庭はほとんど無肥料に近いのであまり大きく育ってはいないが、このヒナゲシとオルラヤは大きく育ちすぎてしまうということが分かった。いずれも強健なのでこぼれ種で来年はもっと殖えてしまうだろう。

80527c.jpg

赤いヒナゲシ(レディーバード)も今が盛りかも。このポピーもこぼれ種で殖えるはず。カザンの庭には珍しい赤だが、アクセントになるし、崖にたくさん咲いているのはかわいい。

80527b.jpg

池の揚水パイプを隠すための花壇作りは着々と進んでいるが、段差がありすぎるので中央で仕切って2つの花壇を4つに分けることにした。自然の岩は美しいが、石を積み上げセメントで固めた部分は不自然で自然の造形美には敵わなく、なるべく植物で覆い隠したいのであまり高い石垣でないほうが良いだろう。

80527h.jpg

後1回で出来るかな?出来て2日たったら土を入れて植物を植えるが、何を植えるかは未定。何を植えようかと考えている時が楽しい。

80527d.jpg

セントーレア「マジックシルバー」は花の色もいいが葉の色と形が素晴らしい。これも殖えて欲しいけれど、夏をどう越すか。ここは水はけだけはいいと思うけれど。

80527e.jpg

岩にアシナガバチが巣を作ってしまった。

80527j.jpg

ハチの巣の近くに植えたユーフォルビア・ラティリスは形が面白く好きだが、種がはじけていろいろなところに出没しそうなので楽しみ。

80527k.jpg

その近くのエリンジウム「ブルーグリッター」の茎はメタリックなブルーで個性的。

80527f.jpg

高温多湿に弱いので花が終わったら花茎の根元から摘み取り、苗の消耗を防ぐ必要があるようだ。

80527g.jpg

2週間ぶりに赤沢の節子ガーデンに行った。カザンの庭は林間という感じだがここは開放的な南国ムードがある。花色がカラフルで暖色系が多いからだろう。

80527m.jpg

きちんとバラの名前が書いてあるが、たくさんありすぎてなかなか覚えられない。ここはお客さんが多いからバラの名前をはっきり書いておかないと質問攻めで応対が大変になるだろう。

80527p.jpg

カザンの庭にはほとんど名札がないが、ブログを書く時にネットで品種名を調べて苗の名前を書くようにしておくので、分からなくなったらブログを見ればよい。

80527n.jpg

節子ガーデンで伊東市吉田のMさんと知り合い、早速Mさんの庭を見せて頂いた。植物の好みが近く、カザンの知らない植物がたくさんあってすごく刺激になった。