category未分類

アガパンサスの季節

trackback--  comment0
今年の春、伊豆高原の園芸店で手に入れたアガパンサス「ポーラー・アイス」が咲き出した。

80628as.jpg

下の白花のアガパンサスは背の低いタイプでミツバチが飛び回っていた。

80628b.jpg

隣のM邸の崖の隙間に植えたブルーのアガパンサスも咲き出した。これから咲こうとする時の乱暴な移植だったけれど、何とか咲いてくれた。メルシー!

80628c.jpg

ロニセラ(ハニーサックル)は生け垣に使ったりするが、延びたいように自由にさせている。来年は更に大きくなるだろう。

80628d.jpg

アーティチョークは風で倒れたり、アブラムシの大群に襲われたり、高温多湿に葉はぼろぼろだが健気にも花を咲かせ始めた。

80628e.jpg

今日はオダマキやオルラヤの種などを採取したり、除草をしたり、花壇を広げたりのなかなかハードな1日であった。
category未分類

1週間ぶり

trackback--  comment0
ほぼ1週間ぶりに北海道から帰ってきた。

北海道は湿気がなく、本土の1ヶ月遅れの気候で、朝夕は冷えるものの、気持ちの良い天気が続き、ルピナスやアルケミラ・モリス、アイリスなどが咲いていた。

伊豆に帰ってくると湿気の多さにちょっとうんざりで、早速庭に出て少し除草をしたりしただけで汗が出てくる。居ない間は雨が降り、風が強かったようで紫のグラジオラスが随分倒れていた。一際目立ったのは黄色いリーガルリリーで、白のリーガルが終わった後に咲いている。

80627b.jpg

薄い黄色のグラジオラスも咲き始めの一番美しい時は既に過ぎてしまっている。

80627a.jpg

アカンサスモリスのタスマニアン・エンジェルは咲いてはいるものの、多湿にやや疲れ気味で、少しダメージを受けている感じなので来年のために花穂を切った方が良いのかもしれない。

80627d.jpg

メリアンサス・マヨールの中央の茎は成長を止め、脇の芽が勢い良く成長している。右手前のカリフォルニア・ホワイトセージは随分大きくなって存在感が出てきた。

80627c.jpg

明日は朝から種を採取したり雑草を抜いたりしようと思う。庭は毎日の積み重ねが大事だとつくづく思う。
category未分類

天使の釣竿

trackback--  comment0
今日は雨かと思っていたら晴れていたのでラッキーだった。

ニュードーンはかなりの勢いで枝を伸ばしているが一輪だけ咲いている。このピンクはとても好きで大きくなってたくさん咲いたらさぞきれいだろうと今から楽しみにしている。

80619a.jpg

パーキングのロックガーデンの白いグラジオラスは傾いたまま咲いている。オルラヤやポピーに押されて倒れてしまったが、来年はオルラヤは少し控えようと思う。

80619b.jpg

たった一輪だけれど「天使の釣竿」と呼ばれる白花のディアネラが咲いた。株が大きくならないと咲かないようだから、今年は咲かないものと思っていたのでラッキーだった。

80619c.jpg

高温多湿の夏を乗り切ってくれることを祈るばかりだ。

80619e.jpg

新しい団地の新入居者達も元気だ。こちらも来年が楽しみ。

80619d.jpg

揚水パイプを隠すために作った小さな花壇にスカビオーサ、ラヴェンダー、ゲラニウムなどを植えた。

80619f.jpg

下は隣の別荘の植物達だが、雨が降ったお陰で枯れずに根付いたようだ。

80619g.jpg

下の段もグラジオラスが咲き出した。アガパンサスももう少しで咲きそう。

80619h.jpg

category未分類

梅雨の合間

trackback--  comment0
2日間雨だった。梅雨だから仕方がないが、雨上がりの後、陽光に当たると植物は美しい。

小雨の時は植え替えのチャンスとばかりに、隣のNさんの別荘の崖の部分に苗を植えることにした。この部分はNさんの別荘からは見えないがカザンのところからは良く見え、池の上のとても目立つところ。

そこでNさんと交渉し、はびこる葛や茅を除いてきれいに植栽するからと、許可を頂き、カザンが管理することにした。自分のところだけでも大変なのに隣の敷地まで・・・と思うでしょうが、思い込んだら止まらないカザンなのです。でも来年はすごくきれいになりますよ♪上の写真は作業前。下が小雨降る中2日で整備した写真。

80617k.jpg

ここには新しく買った苗は植えていなく、全てカザンの庭から移植したものばかり。アガパンサス、グラジオラス、ワトソニア、シラン、リナリアなどとこぼれ種でたくさん芽が出てきた酔蝶花などを植えた。今年はダメだけれど来年の春には斜面がすっかり花で埋まることだろう。

80617a.jpg

下の写真の上の段が上の場所を下から見たところで、その下の段も茅などがはびこっていたが、上の段と同じようなものを植えた。

80617b.jpg

下の写真は道路側から見たものだが、岩の隙間にもアガパンサスを植えた。

80617c.jpg

下はパーキングのロックガーデンに咲いたピンクのユリ。

80617e.jpg

シレネの間にコンボルブルスが入り込んで咲いている。

80617f.jpg

紫色のグラジオラスも咲き出して、いよいよ初夏の花の季節になった。

80617g.jpg

月曜日からまた雨が続くようだ。
category未分類

ツルハナナス

trackback--  comment0
白花のソラナム(ヤマホロシ・ツルハナナス)が咲き出した。越冬して大株になって所構わず絡みつく。隣のコニファーにも絡み付いているので切らなければ。

80614a.jpg

ソラナムの右隣の石の間に挿したセントーレアが大きくなってきた。狭い石の間でどこまで大きくなるだろう?

80614b.jpg

ソラナムの左隣のオカメツタの「キセキ」は冬の間少しもきれいでなかったが、古い葉を覆うように出てきた新葉はきれいな斑になっている。

80614c.jpg

冬を越したコルディリネも美しい。根元にコクリュウも植わっているけれど黒い葉では目立たないね。

80614d.jpg

明日は雨なのでパーキングの崖の揚水パイプを隠すように石を組んだ。

80614e.jpg

ようやく上までパイプが隠れた。残すはパイプの向こう側だけど、花壇を3段にしないとならないだろう。

80614f.jpg

エリンジウムのシルバー・ゴーストのメタリックな葉が魅力的。たくさん増やしたいものだが、夏を無事に越せるか?

80614g.jpg

エリンジウム 「ユッキフォリウム」 "Eryngium yuccifolium" はこれから白い花が咲くはずだが・・・

80614h.jpg
category未分類

6日間の不在の間に・・・

trackback--  comment0
6日間伊豆高原を留守にしていたことになる。東京ではほとんど風が吹かなかったがこちらはかなりの強風だったようで木が少し傾いていた。もちろん雑草もかなり生えていたが、とても取りきれない。

東京に出かける前にやっていたパーキングの崖の最後の高い部分に取り掛かる。

80613a.jpg

急斜面の草を剥がすと土が見えてきた。

80613b.jpg

去年の部分と比べると植えたばかりの植物は小さい。けれどすぐに大きくなるだろう。

80613c.jpg

シャンデリア・リリーは今が一番きれいな時かな。

80613e.jpg

手前の斑入りのミズキも元気で、奥のメリアンサス・マヨールも順調に大きくなっている。

80613f.jpg

白花のコーカサス・マツムシソウが元気なのでブルーの苗も買った。

80613g.jpg

斑入り葉のガウラ(ハクチョウソウ)も急に大きくなった。

80613h.jpg

小さい苗だがアナベルも咲いた。来年は大きな株になるだろう。

80613k.jpg

アカンサスマヨール「タスマニアン・エンジェル」の花芽が上がって来た。
楽しみ、楽しみ♪

80613j.jpg
category未分類

ハクロニシキ

trackback--  comment0
道路際に植えてあるハクロニシキが元気でだいぶはみ出している。

80607b.jpg


ロックガーデンの拡張も進んでいるが、今日から12日までは東京なのでブログも更新できないかも。

80607a.jpg

伊豆に帰ってきたらまた新しい花が咲いていることだろう。
category未分類

伊豆高原菖蒲園

trackback--  comment0
今日の午前中は歩いて「伊豆高原菖蒲園」に行った。通称「池の田んぼ」と呼ばれているこの地は山に囲まれたのどかな地域で清流が流れ、大室山も望める。

80605a.jpg

川沿いの道にはアジサイが植わっている。

80605b.jpg

背が高く育ったヨシ(アシ)の間を抜けて、

80605c.jpg

菖蒲園に着いた。

80605d.jpg

まだ池が出来ていないのでカザンの庭では花菖蒲は扱えないが、いずれ花菖蒲も植えたいと思っている。

80605e.jpg

天気が良すぎて、花菖蒲は雨が似合うと思った。

80605f.jpg

もうすぐ梅雨入りだろう。
category未分類

大きくなりすぎたオルラヤ

trackback--  comment0
リーガル・リリーが次々と咲き出している。

80604a.jpg

ユリはたくさん種類があるが色々な種類を試してみたい。

80604b.jpg

大きく成長しすぎたオルラヤを抜くことにした。オルラヤに隠れて見えなくなっていたり、日陰になって成長が遅れた植物がこれで元気になるだろう。

ガーデニングの秘訣は「捨てること」とベス・チャトーさんが言っていたそうだが、納得!

80604c.jpg

たくさんの草ゴミはお隣の庭を整備したためだが、自分のところだけでなく隣までカザン流の庭にしてしまうのだ。

80604e.jpg

現在進行中のロックガーデンだが、この部分が一番高度差があり急斜面なので今しばらくはロッククライミングの日々が続くだろう。

80604d.jpg
category未分類

初夏の花

trackback--  comment0
アーティチョークの花芽が上がってきたが、アブラムシがびっしり付いている。アーティチョークは食用にする訳ではないが、花が咲くのは見たい。駆除すべきかどうか、、、

80603as.jpg

いつの間にかフサスグリが赤い実を付けている。鳥に食べられる前にランチのデザートにカザンが食べてしまった。

80603bs.jpg

アカンサスモリス「タスマニア・エンジェル」の花芽が上がってきた。一部の葉が茶色くなっているけれど花が咲いて夏を越してくれるといいのだが、、、

80603cs.jpg

ロータス・プリムストーンの花がようやく咲き始めた。駅に近い下の方ではとっくに咲いていたのにカザンの庭は遅い。

80603ds.jpg

リーガル・リリーに次いでシャンデリア・リリーとも呼ばれる「スイートサレンダー」が咲き始めた。初めて育てるユリだが、なかなか気に入っている。

80603fs.jpg

バーベキューパーティーをするために芝と雑草を剥がしたところにヒメシャラの花が落ちてきた。

80603es.jpg

まだ十分に平らではないが、ここをどうするか思案中。
New «‡Top» Old