category未分類

オンファロデス

trackback--  comment0
1998年の冬にフランスから伊豆高原の両親の家に帰国していた折、ガーデニングクラブを作るという話があり、どう立ち上げたらよいかとの相談受けたのでカザンが伊豆新聞の記者を紹介し、新聞に募集の記事が載ったところ、20名近い参加者が集まった。
当初は3人が代表者となり、カザンもその一人だったが、冬期以外は日本に居ることが出来ず、また伊豆に住むようになるとは考えていなかったので、活動することもなくそのままになってしまった。

さて、下の写真はオンファロデス・リニフォリアだが、伊豆ガーデニングクラブの最初の会合の折に、フランスの庭から持ち帰った千鳥草、リナム、オンファロデスなどの種を集まった人たちに配り、下の写真が20年前に配った種の20代目の子孫なのである。

80502e.jpg

実は今年初めて練馬区の園芸店で苗を見つけたが、それまでネットで調べても販売されていなかったので、何人かが大事に育てていてくれたのだ。下の写真は種を取るために先月買った苗。

80502f.jpg

このオンファロデスはとても伊豆の地に合うという人も居るのだが、カザンの庭ではどうもうまく行かない。蒔く時期の問題かもしれないが、とても風に飛ばされやすく、雨に流されやすい種なので直播では難しいのか、もしかしたら土が合わないのだろう。

フランスではいくらでも殖えたのに、、、下の写真はブルゴーニュのカザンの庭だが、手前の方にオンファロデスが咲いている。

80502k.jpg

パーキングの崖庭は少しずつ拡張している。

80502a.jpg

だいぶ土を崩して、そこにへばりつくように生えていた雑草類を取り除いた。

80502b.jpg

上から見るとこんな感じ。

80502c.jpg

リナリア・プルプレアも咲きだした。これもフランスの庭にたくさん咲いていたけれどこの苗は日本の園芸店で買ったもの。

80502d.jpg

1998年ごろには考えられないほど多種多様な宿根草の苗が出回るようになって、日本の園芸パワーもすごくなってきたなと思う今日この頃である。
New «‡Top‡» Old