FC2ブログ
category未分類

崖の花壇の植え込み

trackback--  comment0
2段目の石垣もようやく積み上げ、土を入れたが、岩も土も庭の反対側からバケツで何度も階段を上り下りして運ぶ。

70927a.jpg

100均で買った下のバケツで運ぶのだがなかなか役立っている。
3段目にも土が入って、キキョウランを植えた。こちらは白斑で1段目は黄斑。

70927b.jpg

横から見るとこんな感じ。

70927c.jpg

去年作った崖の花壇の下の道路沿いにこぼれ種で出てきたルコウソウを植えたけれどすごいスピードで伸びて行く。白いツルハナナスの中の赤い星がかわいい。

70927d.jpg

崖の岩の隙間に咲くタカサゴユリは狭い所が好きなようだ。風に乗って飛ばされた種が小さな隙間に入り発芽する。繁殖力が強く伊豆高原の至る所で見受けられる。外来植物だけれどきれいだし、害はなさそう。

70927e.jpg

ルコウソウの葉とオカメツタ「キセキ」のコントラストが面白い。

70927f.jpg

ルコウソウとフウセンカヅラはほぼ同時に発芽し、同じように成長する。

70927h.jpg

3段の石段に苗がを植えた。来年には石垣を覆うようになるだろうか?

70927g.jpg

狭い場所にたくさん苗を植えすぎているのだが、新しい花壇ができると嬉しくなってついぎゅうぎゅうに苗を植えてしまう。

70927j.jpg

来年には狭くなりすぎて植え替えることになるが、植え込みや植え替えは楽しい作業なので苦にはならない。

70927m.jpg

4段目の小さな花壇も出来ているので次回はパーキングの少し奥の左側面に取り掛かる。
category未分類

3段の花壇

trackback--  comment0
敷地の南東の道路沿いは3段以上の花壇になり、一番下の段には土を入れたが、思ったよりたくさん土が必要で結構大変だった。

苗を植える前にすぐに2段目を積み始めた。

70919a.jpg

上から見るとこんな感じ。これから猛然と雑草が生えてくるだろう。

70919b.jpg

新しい花壇が出来るとすぐに苗を植えたくなる。黄斑のキキョウラン、ユーフォルビア、グラジオラス、ハクリュウなどをとりあえず植えてみた。

70919c.jpg

ちょっと分かりにくいけれど「斑入りミズキ」の小さな苗もある。大好きな木なのでネットで随分探したがようやく最後の一本をゲット。10年経ってどの位の大きさに育つのだろう。学名は「コルヌス コントロヴェルサ・ヴァリエガータ(コルヌス・コンラバーサ・ バリエガータ)」 cornus controversa variegata

70919d.jpg

ここは木漏れ日の当たる場所。強い日光の苦手な植物には居心地が良いだろう。

70919e.jpg

2段目はまだ途中だが3段目はほとんど石を積み上げた。

70919f.jpg

今回は3日ほどの滞在だったが17日は台風で何も出来なかった。
秋はなかなか忙しいのです。シャンソンのコンサートとコンクール、伊豆ヴェルディ記念合唱団のコンサート、府中市での展覧会など催し物が目白押し。次回は23日から28日まで滞在の予定。
category未分類

パーキングの崖庭の続き

trackback--  comment0
今回は3日しか居られなかったが、敷地の南東の角の道路沿いに石を積み上げ、セメントで固めた。外側から見ると頼りなさそうに見えるが、内側の要所要所に石を重ねて補強してあるので崩れる心配はない。ここは日中は木陰になるのでホスタやヒューケラなどが合うだろう。雨の日が続き、セメントの乾きが遅かったので土入れや植栽は次回になる。

70907h.jpg

これでパーキングに向かって右側の既に出来ている部分との繋がりが出来、スケールが大きくなった。

70907a.jpg

上の庭に上がる階段も少しずつ出来ていく。

70907b.jpg

道路に近い手前から順に作業していくので、正面の岩は冬頃になるかな?内装も手がけなければならないので、カザンのクローン人間が後二人ほど欲しい。

下は正面の岩の滝のイメージだが、実際にどうなるかはまだ分からない。

70907taki.jpg

花壇が出来たばかりは植物が小さく頼りないが、つる性の植物は1年でこんなに成長する。

70907e.jpg

ツルハナナス(ソラナム)は来年どうなるのだろう?大きくなりすぎて厄介者になるだろうか?ハゴロモジャスミンもうっかりするとライラックなどの木に絡みついて覆い尽くしてしまう。

70907d.jpg

エリゲロン、コンボルブルス、ソラナム、ルコウソウなどが絡み合って崖の石組を覆い隠す。

70907f.jpg

庭の西側では隣から侵入してきたセンニンソウが細葉モミジの上にのしかかって来ている。花が終わったら切ろう。

70907g.jpg

パーキングの崖は普通は大きな岩を上まで組んで土止めをするのだが、麻のムシロで抑えて、雑草を根付かせるという簡便な方法を取ったので自然の岩肌が活きたが、もしも上まで岩を組んでしまっていたら岩肌の自然の造形美は覆われ、植物も多くは植えられなかっただろう。
このパーキングを作った時はここにガーデンを作ることは考えていなかったのだが、岩を積み上げなかったのは幸いだったとつくづく思う。
New «‡Top‡» Old