category未分類

水彩画教室

trackback--  comment0
宇藤カザンが伊豆高原で作る 《Salon des Fontaines》 は小さなライブコンサートが出来るギャラリー、ティールーム、アンティーク・ショップとガーデンを目指している。ギャラリーは2018年春に、ティールーム、アンティークショップは2019年春にオープン予定で、庭は2020年春よりオープンガーデンを開始したい。

《Salon des Fontaines》 の Fontaineは泉または噴水を意味し、池を5つ作り、テラスには噴水も作る予定だが、"Fontaine de Jouvence"は「青春の泉」[若さを取り戻させるという伝説の泉]という意味もあるので、海を望む伊豆高原の自然の中で音楽や絵画を愛で、庭に咲く花を眺め、鳥のさえずりを聞きながらの楽しい会話で心をリフレッシュすることが出来る空間にしたい。

また2018年より《伊豆高原音楽祭》を企画したいと考えている。1986年から「葉山サロンコンサート」を、2012年から「アミカル・ド・シャンソン」を主宰してきたのでクラシックの室内楽とシャンソンのライブの運営に関しては多少の経験がある。


bluebouquet.jpg

《宇藤カザンの水彩画教室》

現在伊豆高原、上北沢、高井戸、府中、新百合ヶ丘、自由が丘、南大沢、新浦安などで水彩画教室を開いています。

3月9日より新しく西新宿教室を開講します。(第2木曜日14時―16時 

お問い合わせは西新宿カルチャープラザへ http://www.culture.gr.jp/detail/sinjuku/index.html

教室の日程などについてはメールでお問い合わせください。

伊豆高原教室   13時―15時15分

 7月26日(水) 八幡野コミセン
 9月 5日(火) 八幡野コミセン
 9月19日(火) 八幡野コミセン

上北沢教室 13時―15時45分

 7月11日(火) 上北沢区民センター 第2会議室

高井戸教室 13時―15時45分

 しばらく上北沢教室と合同で行います。

府中教室 

 9月11日(月) 市民活動センター プラッツ 第4会議室  9時―12時

新浦安教室

 7月 6日(木) エル・シティ 第一集会室 13時―15時
 7月20日(木) エル・シティ 第一集会室 13時―15時
 8月 3日(木) エル・シティ 第一集会室 13時―15時
 8月31日(木) エル・シティ 第一集会室 13時―15時
 9月 7日(木) エル・シティ 第一集会室 13時―15時
 9月21日(木) エル・シティ 第一集会室 13時―15時

2017年11月27日―30日 10時-16時 
府中市グリーンプラザ別館 
宇藤カザン&教室生徒作品展


greenplazamap2.jpg 

kazanuto(アットマーク)gmail.com  宇藤カザン

ホームページはこちら♪ 英国の庭園を紹介しています。 
category未分類

一年前の崖と今

trackback--  comment0
庭は少しずつ変化していくのでたまには以前どうであったかを振り返るのも悪くない。

下の写真は去年の8月初旬のもので、ようやく手前から石を積み上げ始めたところで、奥の方は手付かず。中央下には水道のメーターが見えるが、ドーム状に石を組み、上に花壇が作られ、ツルハナナスやコンボルブルスが覆いかぶさって来ている。

608053.jpg

つる性のものは成長が速いから、来年になったら相当すごいことになりそう。

70721k.jpg

同じ場所を反対方向に見たところ。

70721h.jpg

今度は24日から10日間ほど滞在し、パーキングの崖の整備と絵の制作を予定している。
category未分類

崖庭の除草

trackback--  comment0
「東京パリ祭」のコンサートが終わって16日の夕方伊豆高原に着き、17日は終日、翌18日は午前中だけ庭仕事をした。今の季節、植物の生育は旺盛だから雑草もすごい。除草と植え替えで1日半が終わってしまったけれど、暑くてすぐに汗だくになってしまう。

70718a.jpg

咲き終わったジキタリスを切り詰めたら、脇から花穂が立ち、きれいに咲いていた。前回種を採取して東京でプランターに蒔いたらものすごい量の発芽!とても全部は育てられない。

70718b.jpg

あまり元気の良くなかった黄葉のスモークツリー「ゴールデンスピリット」もきれいな葉が出ていた。赤葉の「ロイヤル・パープル」の方はぐんぐん枝が伸びている。

70718e.jpg

アガパンサスも見事な花をつけていて見ごたえがある。白花のも咲いているが今年購入した株なのでだいぶ小さ目の花だ。充実するには歳月がかかる。

70718c.jpg

ミスカンサス(斑入りのススキ)も元気になってきた。

70718d.jpg

崖庭は白花のソラナム(ツルハナナス)が相当大きくなって、崖に垂れ下がりながら咲いている。岩もだいぶ隠れるようになったが、岩の隙間に押し込んだエリゲロンが全く雨が降らなかったので根付かなかった。庭にはまだたくさんあるので根気良くやればいつか崖全体を覆うようになるだろう。

70718f.jpg

白いグラジオラスは黄色より遅く咲いたが、浮き上がってきれい。奥のネグンドカエデ「フラミンゴ」もどんどん大きくなる。

70718g.jpg

前回崖から落ちたので今回は梯子を使った。あまり左手が利かないので右手だけだと力が入リにくい。

70718h.jpg

パーキングの斜面は萩のような雑木と葛ですごいことになっている。

70718j.jpg

現在は下の写真の様な状態で、何もなかった岩肌に2年で3メートル位の木がはびこってしまった。萩のような紫の小花がを付ける木が多いが名前は分からない。

70718xx.jpg

ここは当分手を付けないつもりだったが1年延ばすと回復が更に困難になるので、夏の間に整備することにした。
まずはこの崖の木を全て切り、麻のムシロをはがし、岩肌を露出させて下の写真の2年前の状態に戻し、それから階段を付けたり、植物を植えるポケット状の花壇を作っていくことになる。

70718y.jpg

崖庭はキケンだけれど面白い。
category未分類

東京パリ祭

trackback--  comment0
カザンが主宰する《アミカル・ド・シャンソン》の夏のコンサートが近づきました。毎年この時期にはパリ祭のコンサートを企画しているが、昨年から会場はヤマハ銀座スタジオになり、トリオの、バンド演奏で昼・夜2回公演になるのでその準備もなかなか大変です。

でもやはり銀座は良いですね。カザンは昼の部と夜の部で1曲ずつ歌いますが、主催者なのでトップに歌うので遅れないようにいらして下さい。当日券あります。

70715finale2.jpg
上の画像をクリックすると拡大します。
category未分類

リュウゼツラン

trackback--  comment0
今回は4日の夕方に着いて翌5日の午前中だけだったから除草以外は何も出来なかった。

庭の中央の手付かずの部分居はモントブレチア(クロコスミア)が咲いているが、植えたわけではなく、勝手に生えている。
いずれ全て抜いてしまうが今はそこまで手が回らない。奥の西側の花壇も少しずつ苗を植えているけれどまだまだ隙間だらけ。

70705c.jpg

白いリーガルリリーは咲き終わり、黄色いリーガルリリーが咲いていた。注文した覚えがないので白花の球根に混じってしまったのだろう。でもとてもきれいな黄色なので却って嬉しい。

70705a.jpg

近くの別荘で見たリュウゼツランの「アガヴェ・アメリカーナ」 Agave Americana の苗を手に入れた。
まだ10cm程度の高さだが、冬を越して育ってくれれば1メートル以上になるだろう。アガヴェを植える花壇はまだ出来ていないので仮植えだけど、骨折のおかげで定植できるのは秋以降になるだろう。

70705b.jpg

下は2メートルにもなるのではないかと思われる近所の別荘のリュウゼツランである。漢字では「竜舌蘭」と書くが、世の中には面白い植物が一杯あるものだとつくづく思う。

70630z.jpg
New «‡Top» Old